○今治市長の退職手当に関する条例

平成17年1月16日

条例第49号

(目的)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第204条第2項及び第3項の規定に基づき、市長の退職手当に関する事項を定めることを目的とする。

(退職手当の支給)

第2条 この条例の規定による退職手当は、市長が退職、解職、失職(公職選挙法(昭和25年法律第100号)第11条第1項第1号に該当する場合に限る。)又は任期満了(以下「退職」という。)した場合に、その者(死亡による退職の場合には、その遺族)に支給する。

(退職手当の額)

第3条 市長の退職手当の額は、退職の日におけるその者の給料、その職にあった期間等を考慮して、その都度議会の議決をもって定める。

(補則)

第4条 この条例に定めるもののほか、市長の退職手当については、一般職の職員の例による。

附 則

この条例は、平成17年1月16日から施行する。

今治市長の退職手当に関する条例

平成17年1月16日 条例第49号

(平成17年1月16日施行)

体系情報
第6編 与/第5章 恩給・退職手当
沿革情報
平成17年1月16日 条例第49号