○今治市立花カルチャーセンター条例施行規則

平成17年1月16日

教育委員会規則第26号

(趣旨)

第1条 この規則は、今治市立花カルチャーセンター条例(平成17年今治市条例第82号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(休館日)

第2条 今治市立花カルチャーセンター(以下「カルチャーセンター」という。)の休館日は、次のとおりとする。ただし、今治市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が必要があると認めるときは、臨時に休館し、又は休館日を変更することができる。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年1月3日までの日

(使用時間)

第3条 カルチャーセンターの使用時間は、午前8時30分から午後9時30分までとする。ただし、教育委員会が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(職員)

第4条 カルチャーセンターに、館長その他必要な職員を置く。

(職務)

第5条 館長は、職員を監督し、カルチャーセンターの事務を掌理する。

2 その他の職員は、館長の命を受けてカルチャーセンターの事務を処理する。

(事務の補助執行)

第5条の2 カルチャーセンターにおいては、今治市長と委員会等及び議会事務局との間における事務の補助執行に関する規則(平成17年今治市規則第14号)第2条第2項第3号第4号及び第5号に規定する事務の補助執行を行うものとする。

(使用許可の申請)

第6条 条例第4条の規定により、カルチャーセンターの使用許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、立花カルチャーセンター使用許可申請書(別記様式第1号)を教育委員会に提出しなければならない。

2 前項の規定は、カルチャーセンターが行う事業に参加する場合には適用しない。

(許可書の交付)

第7条 教育委員会は、カルチャーセンターの使用を許可したときは、立花カルチャーセンター使用許可書(別記様式第2号)を申請者に交付する。

(許可書の提示等)

第8条 カルチャーセンターの使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)がカルチャーセンターを使用しようとするときは、館長又はその指定する職員(以下「管理者」という。)に立花カルチャーセンター使用許可書を提示し、その指示を受けなければならない。

2 使用者は、その使用が終わったときは、管理者に申し出て、使用施設及び設備の点検を受けなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年1月16日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の今治市立花カルチャーセンター条例施行規則(昭和63年今治市規則第41号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成28年3月23日教育委員会規則第7号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

今治市立花カルチャーセンター条例施行規則

平成17年1月16日 教育委員会規則第26号

(平成28年4月1日施行)