○今治市宮窪石文化運動公園条例施行規則

平成17年1月16日

教育委員会規則第65号

(趣旨)

第1条 この規則は、今治市宮窪石文化運動公園条例(平成17年今治市条例第116号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(休園日)

第2条 今治市宮窪石文化運動公園(以下「運動公園」という。)の休園日は、12月29日から翌年1月3日までの日とする。ただし、今治市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が必要があると認めるときは、臨時に休園し、又は休園日を変更することができる。

(使用時間)

第3条 運動公園の使用時間は、次のとおりとする。ただし、教育委員会が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

区分

使用時間

石文化伝承館、石文化学習館

8:30~21:30

野球場、ゲートボール場

3月~8月

8:30~19:00

9月~2月

8:30~17:00

多目的グランド

8:30~21:30

(係及び職員)

第4条 運動公園に管理係を置くことができる。

2 施設長は、上司の命を受け、所属職員を指揮監督し、運動公園の事務を掌理する。

3 管理係に係長を置き、係長は、施設長の命を受けて係の事務を処理する。

4 その他の職員は、上司の命に従い、運動公園の事務に従事する。

(使用許可の申請)

第5条 条例第4条の規定により、運動公園の使用許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、宮窪石文化運動公園使用許可申請書(別記様式第1号)を教育委員会に提出して、その許可を受けなければならない。

2 条例第4条の規定により許可を受けた内容を変更しようとする者は、使用中止の届出をするとともに、前項の手続を行わなければならない。

(許可書の交付)

第6条 教育委員会は、運動公園の使用を許可したときは、宮窪石文化運動公園使用許可書(別記様式第2号)を申請者に交付する。

第7条 削除

(使用料の減免の申請)

第8条 条例第10条の規定により使用料の減額又は免除を受けようとする者は、使用許可の申請時に宮窪石文化運動公園使用料減免申請書(別記様式第5号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請を承認したときは、宮窪石文化運動公園使用料減免決定通知書(別記様式第5号)を申請者に交付する。

(使用料の還付の申請)

第9条 条例第11条ただし書の規定により使用料の還付を受けようとする者は、宮窪石文化運動公園使用料還付申請書(別記様式第7号)を市長に提出しなければならない。

(許可書の提示)

第10条 使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が運動公園を使用するときは、係員に許可書を提示しその指示を受けなければならない。

(備品等の返還)

第11条 使用者は、施設の使用が終わったときは、直ちに設備、備品等を所定の位置に戻し、係員の点検を受けなければならない。

(遵守事項)

第12条 運動公園の使用者又は入園者は、次に掲げる事項を守らなければならない。ただし、あらかじめ教育委員会の承認を受けた場合は、この限りではない。

(1) 所定の場所以外において飲食若しくは喫煙をし、又は火気を使用しないこと。

(2) 他人に迷惑をかける行為をしないこと。

(3) 許可されていない施設、設備等を使用しないこと。

(4) 施設、備品等を損傷し、又は亡失したときは、直ちに届け出ること。

(5) 使用後は後片付け、清掃を行い、当該施設の職員の点検を受けること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、係員の指示する管理上必要な事項

(委任)

第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年1月16日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の宮窪町石文化運動公園管理運営に関する規則(平成4年宮窪町規則第6号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年3月3日教育委員会規則第4号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日教育委員会規則第9号)

この規則は、平成23年10月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日教育委員会規則第6号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月2日教育委員会規則第13号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

別記様式第3号及び別記様式第4号 削除

画像

別記様式第6号 削除

画像

今治市宮窪石文化運動公園条例施行規則

平成17年1月16日 教育委員会規則第65号

(平成27年4月1日施行)