○今治市在宅高齢者生活管理指導員派遣事業条例施行規則

平成17年1月16日

規則第96号

(派遣の申請の手続等)

第2条 生活管理指導員(以下「ホームヘルパー」という。)の派遣を受けようとする者は、条例第5条第1項の規定によりホームヘルパー派遣申請書(別記様式第1号)に利用対象者調書(別記様式第2号)を添えて、今治市福祉事務所長(以下「所長」という。)に提出しなければならない。

2 条例第5条第2項に規定する通知は、ホームヘルパー派遣決定(却下)通知書(別記様式第3号)によるものとする。

(派遣の回数等)

第3条 条例第5条第3項に規定する派遣回数は、1週間につき1回とし、1回当たりの時間(訪問から辞去するまでの実質派遣時間)は、1時間とする。

2 前項の規定にかかわらず、所長は、ホームヘルパーの派遣を受けようとする者の身体状況、世帯状況等を勘案し、必要最小限の範囲で派遣回数、派遣時間及びふれあいホームヘルプサービスの内容を変更することができる。

(派遣の廃止等の手続)

第4条 条例第7条第2項に規定する通知は、ふれあいホームヘルプサービス利用廃止(停止)決定通知書(別記様式第4号)による。

(利用料の額)

第5条 条例第8条に規定する利用料は、1時間当たり200円とする。

(利用料の納入)

第6条 市長は、前条の1時間当たりの額に1月に派遣した時間数を乗じて得た額を利用月の翌月の15日までにふれあいホームヘルプサービス利用料納入通知書により利用者に通知する。

2 利用者は、利用料を前項の納入通知書により当該通知のあった月の末日までに納入しなければならない。

(利用料の減免の手続)

第7条 条例第9条の規定により利用料の減額又は免除を受けようとする者は、ふれあいホームヘルプサービス利用料減免申請書(別記様式第5号)を市長に提出し、その承認を受けなければならない。

2 市長は、前項の申請があったときは、その内容を審査の上、減額又は免除の適否を決定し、ふれあいホームヘルプサービス利用料減免承認(不承認)通知書(別記様式第6号)により申請者に通知する。

(帳簿等の整備)

第8条 所長は、この事業の実施に必要な帳簿を備え、常に整備しておくものとする。

2 実施施設の長は、ふれあいホームヘルプサービス記録簿(別記様式第7号)を1月ごとに作成し、利用者の確認を得た後、当該記録簿を所長に提出しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年1月16日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の今治市在宅高齢者生活管理指導員派遣事業条例施行規則(平成12年今治市規則第46号)、玉川町在宅高齢者生活管理指導員派遣事業条例施行規則(平成12年玉川町規則第11号)又は吉海町在宅高齢者生活管理指導員派遣事業実施要綱(平成12年吉海町要綱第1号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年7月7日規則第279号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年3月31日規則第5号)

この規則は、平成21年4月1日から施行し、改正後の第5条の規定は、同日以後の派遣に係るものについて適用する。

附 則(平成24年3月26日規則第7号)

この規則は、平成24年4月1日から施行し、同日以後の利用に係る利用料から適用する。

附 則(平成26年3月26日規則第8号)

この規則は、平成26年4月1日から施行し、同日以後の利用に係る利用料から適用する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

今治市在宅高齢者生活管理指導員派遣事業条例施行規則

平成17年1月16日 規則第96号

(平成26年4月1日施行)