○今治市働く婦人の家条例施行規則

平成17年1月16日

規則第131号

(趣旨)

第1条 この規則は、今治市働く婦人の家条例(平成17年今治市条例第157号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(休館日)

第2条 今治市働く婦人の家(以下「婦人の家」という。)の休館日は、次のとおりとする。ただし、市長が必要があると認めるときは、臨時に休館し、又は休館日を変更することができる。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年1月3日までの日

(開館時間)

第3条 婦人の家の開館時間は、次のとおりとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(1) 月曜日から金曜日まで 午前8時30分から午後9時まで

(2) 土曜日 午前8時30分から午後0時15分まで

(職員)

第4条 婦人の家に、館長その他必要な職員を置く。

2 特に必要があるときは、婦人の家に係長を置くことができる。

3 館長は、上司の指揮を受けて所属職員を監督し、婦人の家の業務を掌理する。

4 その他の職員は、館長の命を受けて婦人の家の業務に従事する。

(使用許可の申請)

第5条 条例第4条の規定により、婦人の家の使用許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、働く婦人の家使用許可申請書(別記様式)を市長に提出して、その許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 申請者は、使用開始前に申請書を提出しなければならない。ただし、市長がやむを得ない理由があると認めるときは、この限りでない。

(許可書の交付等)

第6条 市長は、婦人の家の使用を許可したときは、働く婦人の家使用許可書(別記様式)を申請者に交付する。

2 婦人の家の使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が婦人の家を使用しようとするときは、館長又はその指定する職員(以下「管理者」という。)に許可書を提示して、その指示を受けなければならない。

(使用取りやめの手続)

第7条 使用者が使用許可の取消しを受けようとするときは、書面で市長に届け出なければならない。

(備品等の返還)

第8条 使用者は、その使用を終わったときは、直ちに備品等を所定の位置に整とんし、管理者の点検を受けなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年1月16日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の今治市働く婦人の家条例施行規則(昭和39年今治市規則第9号)の規定によりなされた、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

今治市働く婦人の家条例施行規則

平成17年1月16日 規則第131号

(平成17年1月16日施行)