○今治市小集落改良住宅条例施行規則

平成17年1月16日

規則第222号

(趣旨)

第1条 この規則は、今治市小集落改良住宅条例(平成17年条例第240号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(入居の申込み)

第2条 条例第5条第1項の規定により、小集落改良住宅の入居の申込みをしようとする者は、小集落改良住宅申込書(別記様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(入居決定の通知)

第3条 市長は、条例第5条第2項の規定により入居者を決定したときは、その旨を本人に通知する。

(請書)

第4条 条例第6条第1項第1号に規定する請書は、別記様式第2号によるものとする。

(入居許可書の交付)

第5条 条例第6条第1項又は第2項の規定により入居を許可したときは、小集落改良住宅入居許可書(別記様式第3号)を交付する。

(入居の承継)

第6条 条例第8条の規定により入居の承継を受けようとする者は、承継申請書(別記様式第4号)を市長に提出しなければならない。

2 前項の申請をし条例第8条の承認を受けた者は、承認のあった日から10日以内に条例第6条に規定する手続をしなければならない。

(連帯保証人の変更)

第7条 条例第6条第1項第1号に規定する請書を提出した者は、その連帯保証人の住所及び氏名に異動を生じたとき、又は連帯保証人を変更したときは、改めて請書を市長に提出しなければならない。

(許可書の掲示)

第8条 入居者は、小集落改良住宅入居許可書を屋内の見やすい箇所に掲示しておかなければならない。

(家賃等の減免及び徴収猶予)

第9条 条例第10条の規定により家賃又は敷金の減免又は徴収猶予を受けようとする者は、小集落改良住宅家賃(敷金)減免(徴収猶予)許可申請書(別記様式第5号)及びこれを証明する書類を市長に提出しなければならない。

(一時不在の届出)

第10条 条例第18条の規定による届出は、別記様式第6号によるものとする。

(転貸の承認)

第11条 条例第19条ただし書の規定により承認を受けようとする者は、改良住宅一部転貸承認申請書(別記様式第7号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の一部転貸が使用貸借で、かつ、やむを得ないと認める場合に限りこれを承認するものとする。

3 前項の承認を受けた者が転貸をしなくなったときは、速やかに市長にその旨を届け出なければならない。

(模様替え等)

第12条 条例第20条及び第21条第1項ただし書の規定による承認を得ようとする者は、小集落改良住宅(用途一部変更)模様替増築許可申請書(別記様式第8号)を市長に提出しなければならない。

2 条例第21条第1項ただし書の承認を得て改良住宅の模様替え又は増築を完了したときは、速やかに工事完成届出書(別記様式第9号)を市長に提出しなければならない。

(収入基準超過決定に対する意見申立)

第13条 条例第22条の規定による収入基準超過決定に対する意見申立書は、別記様式第10号によらなければならない。

(滅失等の届出)

第14条 入居者は、改良住宅及び共同施設について滅失又はき損があった場合は、速やかに改良住宅滅失(毀損)届出書(別記様式第11号)を市長に提出しなければならない。

(住宅の返還)

第15条 条例第24条の規定により小集落改良住宅を返還するときは、小集落改良住宅返還届(別記様式第12号)を市長に提出し、市長の指定する者の検査を受けなければならない。

(同意書の提出)

第15条の2 第2条第1項に規定する入居の申込み、第6条第1項に規定する入居の承継の申請、第9条に規定する家賃若しくは敷金の減免若しくは徴収猶予の申請又は条例第7条第1項の同居の承認の申請の際には、同意書(別記様式第13号の2)を提出しなければならない。ただし、既に同意書を提出しており、同意者に変更がない場合は、この限りでない。

(立入検査証)

第16条 条例第27条第1項及び第2項により立入検査をする場合は、別記様式第13号による証票を携帯しなければならない。

(委任)

第17条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年1月14日規則第6号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年8月15日規則第47号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

今治市小集落改良住宅条例施行規則

平成17年1月16日 規則第222号

(平成29年8月15日施行)