○今治駅東駐車場条例施行規則

平成17年1月16日

規則第243号

(趣旨)

第1条 この規則は、今治駅東駐車場条例(平成17年今治市条例第258号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(供用時間)

第2条 条例第2条の表に掲げる駐車場(以下「駐車場」という。)の供用時間は、次のとおりとする。

名称

供用時間

今治駅東第1駐車場

全日(午前0時から午後12時まで)

今治駅東第2駐車場

全日(午前0時から午後12時まで)

2 前項の規定にかかわらず、市長が必要があると認めるときは、駐車場の供用を休止し、又は供用時間を変更することができる。

(使用許可の申請)

第3条 条例第4条の規定により、今治駅東第2駐車場に定期駐車をしようとする者は、今治駅東第2駐車場(月極)使用許可申請書(別記様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の許可の申請のあった者のうちから、使用の可否を決定する。

3 市長は、定期駐車の許可をした者に対し、定期駐車許可証を交付する。

4 定期駐車の許可の期間は、1年を超えることができない。ただし、更新することができる。

(定期駐車の使用変更許可)

第4条 条例第4条の規定により、定期駐車の許可を得た自動車を別の自動車に変更しようとするときは、定期駐車許可証(別記様式第2号)を添えて、今治駅東第2駐車場(月極)使用変更許可願(別記様式第3号)を市長に提出しなければならない。ただし、使用者の申請に基づき市長が特別の事情があると認める場合は、これを省略することができる。

(定期駐車許可証)

第5条 定期駐車する者は、駐車中前面ガラス内側に定期駐車許可証を表示して、特定する場所に駐車しなければならない。

2 定期駐車許可証を紛失した者は、定期駐車許可証(今治駅東第2駐車場)紛失届(別記様式第6号)を直ちに市長に提出しなければならない。

3 前項の場合において、市長が再発行を適当と認めるときは、定期駐車許可証を再発行するものとする。

(定期駐車の使用中止)

第6条 定期駐車の利用者の都合で使用を取り止めるときは、定期駐車許可証を添えて、使用を中止する月の前月20日までに今治駅東第2駐車場(月極)使用中止届(別記様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(駐車整理券)

第7条 今治駅東第1駐車場を使用する者は、自動車を入庫させる際に駐車整理券の交付を受けなければならない。

2 前項の駐車整理券の交付を受けた者は、駐車場の使用中これを保持し、出庫の際にこれを使用料金支払機にて納付しなければならない。

3 駐車整理券を紛失した者は、駐車整理券(今治駅東第1駐車場)紛失届(別記様式第5号)を市長に提出しなければならない。この場合において、市長は、その者が当該自動車の正当な占有者であることを確認した後でなければ出庫を認めない。

4 前項の場合において、入庫時間が明確でない場合は、市長がこれを決定する。

(使用料の減免)

第8条 条例第10条に規定する「公益上その他特別の理由があると認めるとき」とは、次に該当する自動車が駐車場を使用する場合をいう。

(1) 道路交通法(昭和35年法律第105号)第39条第1項に規定する緊急自動車

(2) 駐車場の付近において、国又は地方公共団体の職員が防疫活動その他緊急を要する公務を行うために使用する自動車

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が駐車を必要と認めた自動車

(使用料の還付)

第9条 条例第11条ただし書に規定する使用料の還付額は、使用しなかった日数をその月の日数で除して得た数を1月当たりの当該定期駐車使用料に乗じた額(その額に端数が生じたときは、10円未満を切り捨てる。)とする。

2 前項の使用料の還付を受けようとする者は、使用料還付請求書兼口座振替依頼書(別記様式第7号)を市長に提出しなければならない。

(過料)

第10条 条例第14条に規定する「詐欺その他不正の行為」とは、次の各号のいずれかに該当する行為をいう。

(1) 所定の普通料金を支払わないで出庫する行為

(2) 駐車整理券、定期駐車許可証の表示事項を抹消し、又は改変して使用する行為

(3) 他の車両の定期駐車許可証を使用する行為

(4) 定期駐車許可証を有効期間以外に不正に使用する行為

(5) 前各号に掲げるもののほか、社会通念上不正行為と見なされる方法により、駐車整理券及び定期駐車許可証を使用したと市長が認める行為

(遵守事項)

第11条 駐車場を使用する者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 場内における車両の運行は、標識に従うこと。

(2) 駐車場内で火気の取扱いその他危険な行為をしないこと。

(3) 駐車位置については、係員の指示に従うこと。

(4) 駐車中は、エンジンを停止し、窓、扉等が開かないようにすること。

(5) 積載物等の盗難予防措置は、確実に行うこと。

(6) 前各号に掲げるもののほか、駐車中の管理に支障を及ぼすおそれがある行為をしないこと。

(委任)

第12条 この規則に定めるもののほか、駅東駐車場に関し必用な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年1月16日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の今治駅東駐車管理運営規則事務取扱要綱の規定によりなされた手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

(読替規定)

3 条例第12条の2の規定により駐車場の管理を指定管理者に行わせた場合において、第2条から第7条までの規定中「市長」とあるのは、「指定管理者」と読み替えて適用する。

(様式の特例)

4 条例第12条の2の規定により駐車場の管理を指定管理者に行わせた場合において、別記様式第1号から別記様式第6号までの様式は、これを標準として指定管理者が別に定める。

附 則(平成18年3月31日規則第24号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年9月29日規則第88号)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の附則第3項及び第4項の規定は、この規則の施行の日以後に指定される指定管理者について適用する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

今治駅東駐車場条例施行規則

平成17年1月16日 規則第243号

(平成18年10月1日施行)