○今治市みやくぼ石文化交流館条例施行規則

平成24年3月1日

教育委員会規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、今治市みやくぼ石文化交流館条例(平成17年今治市条例第200号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(休館日)

第2条 今治市みやくぼ石文化交流館(以下「交流館」という。)の休館日は、12月29日から翌年1月3日までの日とする。ただし、今治市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が必要があると認めるときは、臨時に休館し、又は休館日を変更することができる。

(開館時間及び使用時間)

第3条 交流館の開館時間は、午前9時から午後10時までとする。

2 交流館の施設の使用時間は、別表に定めるところによる。

3 前2項の規定にかかわらず、教育委員会が必要があると認めるときは、開館時間及び使用時間を変更することができる。

(職員)

第4条 交流館に館長を置き、必要があると認めるときは、その他の職員を置くことができる。

2 館長は、上司の命を受けて交流館を管理し、所属職員を指揮監督する。

3 その他の職員は、館長の命を受けて交流館の事務を処理する。

(使用許可の申請)

第5条 条例第3条第1項の規定により、交流館の使用許可を受けようとする者は、みやくぼ石文化交流館使用許可申請書(別記様式第1号)を教育委員会に提出しなければならない。ただし、教育委員会が特に支障がないと認めるときは、口頭により申請することができる。

2 前項の申請は、使用開始日の6月前から受け付ける。ただし、教育委員会が特に必要があると認めるときは、1年前から受け付けることができる。

(許可書の交付等)

第6条 教育委員会は、交流館の使用を許可したときは、みやくぼ石文化交流館使用許可書(別記様式第2号)を申請者に交付する。ただし、教育委員会が特に支障がないと認めるときは、口頭により許可することができる。

(使用料の減免の申請)

第7条 使用料の減額又は免除を受けようとする者は、使用許可の申請時にみやくぼ石文化交流館使用料減免申請書(別記様式第3号)を提出し、その許可を受けなければならない。

(施設の使用状況)

第8条 館長は、施設の使用状況等について、必要な簿冊を備え付けて整理しておかなければならない。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成24年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、廃止前の今治市みやくぼ石文化交流館条例施行規則(平成17年今治市規則第180号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

別表(第3条関係)

使用区分

使用時間

宿泊使用

和室

洋室

午後4時から翌日の午前10時まで

一時使用

和室

厨房

午前9時から午後10時まで

画像

画像

画像

今治市みやくぼ石文化交流館条例施行規則

平成24年3月1日 教育委員会規則第2号

(平成24年4月1日施行)